SFC修行とは

ana

SFC修行とは

ANAマイルの貯め方を調べていると、最近頻繁にSFC修行という言葉に出会うようになりました。
SFC修行とはいったいなに?何かの新しいマイルの貯め方?ということで調べてみましたので簡単に紹介しておこうと思います。

 

SFC修行とはANAの上級会員特典を享受するために、スーパーフライヤーズカードを獲得するための方法

SFC修行とは、ANA(全日本空輸)が発行するスーパーフライヤーズカード入手の為に、厳しい特定条件を満たす努力を行う事です。

 

その過酷さから修行と表現されており、このカード入手のハードルは高く、通常クレジットカード審査とは違う独自審査が行われます。SFC修行とはマイル修行やANA修行と表現される事もあり、ANAプレミアムメンバーと言う上級会員に入る事が目的です。

SFC申し込みできない_640

SFC取得基準を満たさないと申し込みもできません。

 

ANAマイルは搭乗距離が多いほどたまっていきますが、利用頻度が高いマイルを年間たくさん貯めている搭乗客に対して、ANAはスーパーフライヤーズカードという上級会員向けのカードを発行しています。

 

ANAはスーパーフライヤーズカードは搭乗距離に応じ、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズと等級がわかれており、さまざまな特典を得ることができます。

 

SFCの特典とは

SFCの特典についてでですが大きく分けて次のものがあります。

 

・空港内で専用ラウンジを利用可能
・座席クラスのアップグレード
・空席があれば追加料金0でプレミアムエコノミー利用可能
・優先的に国内線座席指定可能
・優先的に空席待ち予約可能
・国際線特典航空券の優先予約
・専用チェックインカウンター利用可能
・手荷物受け取りの優先
・手荷物許容量が緩和
・専用保安検査場利用可能
・搭乗案内時に優先
・出発当日の空席待ちで優先
・フライトマイルにボーナスマイルが加算
・ANAホテルおよび提携するホテルで優待

 

sfcラウンジ

そういえば空港へ行くとこんなエグゼクティブの方のラウンジってありますね。

 

正直、庶民には「贅沢だな~。なくてもいいや」と思えるものばかりではないでしょうか?

 

ですが、SFC修行とはこのANAはスーパーフライヤーズカードの特典を得るために、さまざまな方法で航空券を利用しカードを活用して、マイルやポイントを貯める行為を修行と称して、一生懸命にSFCを獲得しようとしている人たちがいるようなのです。

 

SFCに加入するためには

ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)に加入するためには、飛行機利用を行う事で、プレミアムポイントを貯めていく必要があり、これはマイルとはまた違ったポイントになっています。

 

SFCを取得するためには「50,000プレミアムポイント」(羽田-伊丹を27往復程度で達成)を1年以内に獲得する事が必要です。

伊丹空港

羽田~伊丹空港を1年間で27往復程度する必要があります。

 

基本的には飛行機に高頻度で搭乗しないと、プレミアムメンバーに入る事は出来ないのです。この行為は、短期間で無謀とも言える連続フライトを敢行する行為を指します。

 

SFC修行ではそのポイントを稼ぐためだけに、巨額を出費して何度も飛行機に乗るのです。つまりSFC修行とは、SFCを取得するためだけに、時間とお金を犠牲にする「修行」なのです。SFC修行と称して、沖縄までの往復を何度も繰り返している人もいるようなのです。

 

SFCを獲得するためにポイントを貯めるより、マイルを貯めて旅行へ行ったほうがいいんじゃないの?

ここまでSFCについて調べてみましたが、庶民の私にはSFC修行なるものは無縁だと思いました。

 

それよりも、マイルを貯めて、あちらこちらへ旅行へ行って楽しんだほうがいいんじゃないの?というのが正直な気持ちです。

関連記事⇒私が毎月ANAマイルを18000マイル貯めている方法

50歳の私でも、直近の3か月で、約22万マイル相当のポイント、約24万4000ポイントを貯めることができました。

%e3%83%8f%e3%83%94%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

 

 

ということでSFC関する記事はおしまい。・・・ということではなく、もう少し、なぜ人はこんな無謀なSFC修行なるものをするのか、探ってみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Google Earth