ANAマイルは飛行機搭乗やショッピングでは貯まらない

搭乗ではマイルは貯まらない

ANAマイルは飛行機の搭乗やショッピングでは貯まらない

ANAマイルの貯め方として王道の方法は、大きくわけると次のような表になるかと思います。

ですがそれらの方法ではなかなかマイルを貯めることはできないということを、

マイルを貯めようと思っている人は、きっと経験しているのではないでしょうか?

 

マイルの貯め方 私の感想
飛行機の搭乗でマイルを貯める そんなに飛行機に乗れません。
マイルが貯まりやすいカードを使う 多くても5割増し位で貯まるくらいです。
税金や水道料をクレジット払いにして、マイルを貯める 年間20万円支払ったとしても2000マイル程度です。
楽天トラベルなどで、ポイントアップの日を狙って

決済方法を組み合わせて、マイルの二重取り、三重取りを狙う。

かなり面倒臭いので長続きしないと思います。

 

実際に私もやってみましたが、「マイルが貯めやすいカード」で年会費を払っても、せいぜい2年間で、羽田から自宅のある福岡へ往復できるマイルが貯まるくらいしか、マイルは貯まりませんでした。
つまり、王道な正当なマイルの貯め方を実践しても、そんなにマイルは貯まるものではないということなんです。

ですが、ちょっとした裏技を使うと、驚くほどANAマイルは貯めることができるんです。

 

 

50歳の私がANAマイルを毎月5万マイル以上相当のポイントを貯めている裏ワザ
12%e6%9c%88%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

12月は約9万ポイントを貯めました。ANAマイル8万1000マイル分です。

ANAマイルの貯め方の裏ワザはポイントサイトの攻略がカギになります。

これはマイルの貯め方の裏ワザを紹介しているブログやサイトで、どのブロガーの人も言っていることです。

私も以前は「ポイント~、そんなの面倒臭くてやってられない」と言っていました。

ですが、このポイントサイト、使い方によっては、殆ど手放し状態でポイントを貯めることができる裏ワザがあります。

ポイントが貯まれば、ANAのマイルも貯めることができるということです。

このページでは50歳の私が実践してANAマイルが毎月5万マイル相当以上のポイントを貯めている裏ワザについて紹介します。

 

ポイントサイト攻略のカギは、マイルの貯め方を他の人に教えてあげること。

ポイントサイトでANAマイルを貯める裏ワザは、

ポイントサイトの2ティアや3ティアといった紹介制度を使う方法です。

 

2ティアや3ティアというのは、2ティアというのは自分からみたときの子供、3ティアというのは自分から見た時の孫にあたります。

PONEY!3ティア

ポイントサイトPONEY!より引用

「ティア」制度というのは、自分が紹介した相手から、相手が獲得したポイントの何割かをバックしてくれる制度です。

例えば私がポイントを貯めている「ハピタス」というポイントサイトの場合、

紹介した相手が獲得したポイントの40パーセントがバックされます。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

これが2ティア制度になると、紹介した相手のその相手がさらに紹介した人からもバックが入って来るので

これはすごい貯まりかたになって行きます。

 

ですが、この2ティア制度は実際にやってみると、制度自体に問題があるように思います。2ティア制度になると、殆どマルチ商法に似たものになります。したがって、かなりしつこくいろいろな勧誘メールが送られてくることになります。

 

2ティア制度の場合、毎日に何通も「アンケート」と評してメールが来ます。迷惑フォルダーへ入れてしまえばいいのですが、それでも潜り抜けて何通もメールが来るものもあります。

 

つまり、2ティア制度はかなり無理した売り込みをしているのではないのかなという印象があります。(私個人の感想です。)

 

なので、私が使っているポイントサイトはハピタスのみということです。

 

関連記事⇒50歳の私でも、約24万4000ポイントを貯めることができた裏ワザの詳細

 

 

ポイントサイト「ハピタス」のメリットとデメリット

いろいろあるポイントサイトの中で、私がなぜハピタスをおすすめするか。それにはそれなりの理由があります。

 

ハピタスはポイントを貯めやすい

これは、ポイント攻略の裏ワザを紹介している、どのブロガーさんも言っていることですが

ハピタスはとにかくポイントが貯めやすいポイントサイトです。ポイントもメニューも多いです。

 

しかも、ポイントの承認率が高いです。

 

私も以前はGet Money!(ゲットマネー)というポイントサイトを利用していましたが

「結構ポイントを稼いだつもりなのに、あまりポイントが加算されないな~」ということがかなりの頻度でありました。

 

これに対してハピタスの場合、「今月、こんなにポイント稼いだっけ?」と思うくらい、ポイントが貯まる月があります。

 

このような意味で、私はハピタスをおすすめします。

 

ハピタスがおすすめできない点は「月間の交換上限が3万ポイント」

ハピタスのおすすめできない点は、月間のポイントの交換の上限が3万ポイントということです。

 

ハピタスの場合、1ポイントが1円ですから、3万ポイントということは3万円です。

 

このうちANAマイルへ移行できるのは、2万ポイントが上限になります。この2万ポイントという上限はハピタスの上限ではなく、ハピタスからマイルへ変換させるときに、途中で必須の高還元率で変換させるANA ToMeCARD PASMO JCB(ソラチカ)カードを利用する際に、月間のポイントサイトの上限で2万ポイントまでと決まっているからです。

 

 

ポイント交換の上限はあるがハピタスはやっぱり貯めやすいので安心

とはいいながらも、ハピタスの場合、あまったポイントは翌月へと繰り越せるので、また翌月に2万ポイント(18000マイルに変換できます。)づつ変換させていけば、半年で家族旅行できるくらいのポイントは貯めることができます。

 

ですので、ハピタスのデメリットはあまり考えることなく無理なくポイントを貯めることができてマイルへ変換できるので、私がおすすめするのはハピタスを攻略したマイルを貯める裏ワザなのです。

 

50歳の私でも、約24万4000ポイントを貯めることができた裏ワザの詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Google Earth