二か月でANAマイル10万マイルを貯めたのでシンガポールへ

マーライオン公園011

二か月でANAマイル10万マイルを貯めたのでシンガポールへ

二か月でANAマイル10万マイル相当のポイントを

Get Money!(ゲットマネー)で貯めることができたので

嫁と銀婚式の記念旅行へ行ってきました。


ボタニカルガーデン026

世界遺産のボタニカルガーデンです。

マリーナクルーズ013

某携帯会社のCMでSMAPさんのバックにあったマリーナ―・ベイ。サンズの夜景です。

嫁は「腰が痛くなるからエコノミーは無理」というのでビジネスクラス、私はエコノミークラスです。

シンガポールまでの必要なANAマイルはレギュラーシーズンでビジネスクラス6万マイル+エコノミー3万5000マイル。

合計9万5千マイルです。

シンガポール ANAマイル

シンガポールは「アジア2」にあたり、「zone4」ということになります。

(ANAの公式サイトより)

シンガポール ANAマイル2

シンガポールまではレギュラーシーズンで、エコノミーは3万5千マイル、

ビジネスクラスは6万マイルで特典航空券を獲得できます。

(ANAの公式サイトより)

ANA―ビジネスクラスr ANA―ビジネスクラスr2

ビジネスクラスはビジネスラウンジというのが利用できて

軽食や飲み物が自由に飲食できるらしいです。(嫁が撮ったシンガポールのビジネスラウンジ)

 

我ながらすごいと思うのは、シンガポールへ行くのに利用した10万マイルに移行するポイント120万ポイントを、わずか2か月で貯めることができたということです。

anaマイル10万マイル
①の約120万ポイントが、2か月で貯めたGet Money!(ゲットマネー)のポイントです。

このポイントを私がおすすめしているANAマイルへの移行方法を実践すると、移行の割合が90%ですので

120万ポイント×0.9=10万8千マイルということになります。

 

②の約130万ポイントは前回の沖縄旅行へ行くときのANAマイルに使ったポイントです。

 

➂の240万ポイントは、このマイルの貯め方を始めてから、約1年間で貯めたポイントです。

 

前回の沖縄へ家族旅行したときが7月で、一旦その時までに貯めたポイントをすべて使ってしまっていて

前回ANAマイルを使って沖縄旅行へ行った時の記事

今回のシンガポールへ旅行が9月までに120万ポイントを貯めた訳です。

 

つまり2か月の間に120万ポイント(ANAマイル約10万マイル)を貯めることができたということです。

 

そんなに貯められるはずないじゃないか!!と思いますよね。

私も以前はコツコツマイルの貯め方をしていました。

 

コツコツマイルの貯め方とは

  • 日常的な生活費をクレジット決済にしてポイントを貯めてANAマイルに移行する。
  • 楽天などのマイルが貯めやすいホテルを選んでお得にマイルを貯める。
  • 税金などもクレジット支払にしてマイルを貯める

などなど、コツコツ貯める方法です。

 

ですが、この方法は私も最初やっていましたが

せいぜい貯めることができても、一年間で一人が羽田ー沖縄旅行へ行くくらいのマイルしか貯められないんです。

 

今回の私のように

  • 家族で沖縄へ旅行に行く
  • 夫婦でシンガポールへ旅行に行く(嫁はしかもビジネスクラス)

などというANAマイルの貯め方はできないんです。

 

しかもこのANAマイル(=ポイント)は、殆ど何もしないで獲得することができているんです。

 

なんて聞いたら、「ウソだろー」と思いますよね。

 

ですが、私の実践している方法をご覧頂ければ

すごく、納得して頂けると思うんですよ。

 

ANAマイルを一人で貯めようとすると限界があるんです。なので、私はANAマイルの貯め方を人に伝えることでANAマイルを貯めています。

私がANAマイルをこのように獲得できているのは

「ANAマイルを貯めたいなぁ」と思っている方に、

マイルの貯め方をお教えすることで、ANAマイルを獲得できています。

 

そのお伝えしているANAマイルの貯め方がこちらというわけです。⇒私が半年で10万マイル貯めた方法

 

よくある怪しげな販売サイトへの誘導ではありませんよ。

私が淡々と実践していることを紹介しているページです。

こちらのページです。⇒私が半年で10万マイル貯めた方法

 

 

方法は簡単です。

 

point1

ポイントサイトで実際にポイントが簡単に貯まるのを実体験する。

まずは、ポイントサイトで、なんのリスクもなくポイントを貯めることができることを体験しましょう。

この方法を実践するだけでも、一人の方が羽田ー沖縄旅行をできるくらいの、ANAマイルへ移行するポイントは

簡単に貯めることができるはずです。

こちらのページです。⇒まずはこの方法を実践して下さい。

 

point2

その貯まったポイントをANAマイルに交換して、ポイントが最も効率良く、ANAマイルに交換できるのを実体験する。

せっかくポイントを貯めてもそのポイントを効率的にANAマイルへ移行できなくては意味がありません。

こちらで紹介しているANAマイルへの移行方法が、現時点で私が採用している

もっとも効率的にANAマイルへの移行方法です。

こちらのページです。⇒もっとも効率がいいANAマイルへの移行方法

 

point3

①と②の体験を、友達に教えてあげる。

前述の①と②を実践したら、この方法を友達や知人にメールで教えてあげましょう。

自分で体験したことで、リスクもなく、簡単にマイルを貯めることができて

無料で東京から沖縄への航空券が無料で手に入るという方法であれば

友達にも紹介しやすいですね。

この➂を実践したことで、私は家族全員で沖縄へ行くことができるマイルを

約半年間で獲得することができました。

家族全員でANAマイルを使って沖縄旅行へ行った時の記事

 

point4このANAマイルの貯め方を更に拡散する。

このANAマイルの貯め方を、友達や知人だけではなく、拡散します。

 

 

 

このよっつステップです。

4番目の「更に拡散する」の部分は、少しテクニックが必要になりますが

3番目までは誰でもできると思います。

 

3番目までの方法は、手間もかからないし、リスクも全くない方法なので

 

誰でも半年後には家族で沖縄旅行できるくらいのマイルは、貯めることができるはずです。

 

ANAマイルを簡単に貯めて無料で航空券を獲得したいと思う方は

どうぞご覧になってみてください。

 

あまりの簡単さに、

 

「今まで一生懸命雑誌で調べてコツコツ貯めていた、ANAマイルの貯め方はなんだったんだ!!(怒)」

 

と思うと思いますよ。

 

飽きっぽい私が半年で10万マイルを貯めて、その後ふた月で10万マイルを貯めた方法はこちら⇒私が半年で10万マイル貯めた方法

 

ANAマイルでシンガポールへ行けたので、ホテルは高級ホテルへ泊まることができました。

ANAマイルでシンガポールまでの飛行機代は無料だったので

宿泊はパンパシフィックホテルへ泊まることができました。

パンパシフィックホテルは、トリップアドバイザーの口コミでも評価の高いホテルです。

WS000008


 

このホテル、数年前に改装したということで、すごく綺麗でした。

しかも日本語のできるスタッフさんもいるので

安心して利用することができ、大満足でした。

 

パンパシフィック121

ロビーの様子です。お迎えがくるまでゆっくり自由に利用することができます。

パンパシフィック122

ロビーから上を見上げた様子です。38階(だったと思う)まで吹き抜けです。

パンパシフィック035

とにかく朝ごはんがすごいです。何種類あるんだ!という感じです。

パンパシフィック024

フルーツも食べ放題です。

パンパシフィック005

夜は最上階のラウンジでアルコールも飲み放題です。(嫁はジュース)

とにかく、今回のシンガポールの旅行でおすすめだったのは

マーライオンよりも、このパンパシフィックホテルです。

 

 

こんな銀婚式の記念旅行ができたのも、ANAマイルの貯め方を実践したからです。

 

しかもそれほど手間がかからない方法なんです。

 

飽きっぽい私が半年で10万マイルを貯めて、その後ふた月で10万マイルを貯めた方法はこちら⇒私が半年で10万マイル貯めた方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Google Earth