ANAマイルを貯めるためのカードの比較

マイルカード比較

このページでは、ANAマイレージクラブに登録するためのカードについての比較をしています。ANAマイルを貯めるためには、まずはANAマイレージクラブに登録しなければ、サービスを受けることができません。このページを参考に、それぞれのカードの特徴について把握しましょう。

マイルカード 年会費 移行手数料 交換レート 有効期間 加入ボーナス ボーナスマイル
AMC 0円 0円 なし(飛行マイルのみ) 2年間 なし なし
ANA-JCB-PASMO 2000円(初年度無料) 2000円 1000円=10マイル 2年間 1000マイル +10%
ANA-JCB 2000円(初年度無料) 2000円 1000円=10マイル 2年間 1000マイル +10%
ANA-VISA 2000円(初年度無料) 6000円 1000円=10マイル 2年間 1000マイル +10%
ANA-AMEX 7000円 6000円 1000円=10マイル 無期限 1000マイル +10%
ANA-JCBワイドカード 7250円 2000円 1000円=5マイル 2年間 なし なし
ANA-JCB-ワイド 7250円 2000円 1000円=10マイル 2年間 2000マイル +25%
ANA-ダイナースカード 27000円 0円 1000円=25マイル 無期限 2000マイル +25%

 
 

ANAマイルを貯めるのに一番お得なカードは?

この表からももわかるように、ANAマイルを貯めるにはANA-JCBカードが一番お得なのがわかります。

AMCカードはクレジット機能が付いていないカードなので、マイルは飛行機を利用したときにしか貯まりません。マイルをためて無料飛行機権をゲットするためには、最低でも15000マイルは必要です。

例えば東京ー福岡のANAマイルの搭乗マイルは片道で567マイルです。往復で1134マイルですね。ということは15000マイル貯めようとすれば、二年間の間に14回以上飛行機に乗らなければ、15000マイルをゲットできません。これはなかなか大変ですね。つまりANAマイルを効率的に貯めようと思えば、どうしてもクレジット機能付きの提携カードの申し込みする必要があるわけです。
 
 

ANA-JCBとANA-VISAだとANA-JCBのほうがお得

ANA-JCBとANA-VISAを比較すると、どちらも似たような内容ですが、決定的に違うのはポイントの移行手数料です。JCB提携カードだと2000円の移行手数料ですが、VISAだと6000円の移行手数料がかかります。

この移行手数料は毎年掛かってくるものでから、この比較をすると、JCB提携カードのほうが圧倒的にお得ということになります。
 
 

ANA-JCBの中でもANA-JCB-PASMOが絶対お得

ANA-JCBカードの中でも、もっともおすすめなのは、ANA-JCB-PASMOカードです。上の表を見るだけでは、そのメリットはわかりません。実はANA-JCB-PASMOカードには、マイルを貯めるためのとっておきの裏ワザがあるのです。この裏ワザがあるために、当サイトで一番おすすめするANAマイルを貯めるカードはANA-JCB-PASMOカードなのです。
 
ANA-JCB-PASMOカードをお勧めする理由について、詳しく別のページで紹介します。
ANA-JCB-PASMOカードがマイルを貯める最強のカードであるわけ
 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る
Google Earth